Accent

のアクセントの付け方!!

もっとリズム感良くえたらなあ。

グルーヴ感を出してえたらなあ。

 

誰もが考えたことある悩みだと思います。

そこで大切になってくるのが“アクセント”の付け方です。

 

よくYouTube等でも「アクセントをつけなさい!」とか「ここでアクセントをつけましょう」とか簡単に言いますが、そもそもアクセントってどうやってつけたらいいの?ただただ大きくるるだけでいいの?

そんなふうに考えたことはないですか?

 

大阪の【楽しすぎるボーカル教室】Lillaミュージックがそのお悩み解決します。

アクセントの正体

アクセントがついてくると、に強弱が生まれ、それが高揚感や抑揚を作っていく、楽には欠かせない要素です。

 

それではアクセントとはまず何なのでしょう。

それは「そのを強調してうこと」のことです。

 

この強調を作っていくことでの強弱を作っていくのでメロディーに波が生まれ、聴いていて気持ちの良いになっていきます。

 

ではそのアクセントの作り方はどうしたらいいのでしょうか。

誰でも簡単に「アクセント」をつける方法

見出し(中)見出し(中)見出し(中)見出し(中)

それでは、そののアクセントはどのようにつけたらいいのでしょうか。

 

それはズバリ、“タメ”を作ることです。

???と思った方、少し想像してください。

 

野球のバッターが打球を力強く遠くに飛ばすためには、

①リズミカルに流れるようにバットを振る

②しっかりバックスイングをとって力を“タメ”てから思い切りバットを振る

どちらが遠くに飛ぶと思いますか。

 

そうです!!

②の“タメ”を作ることでしっかり力が入り、早くバットを振ることができます。

 

それと同じで、

うときも

アクセントをつけたいの前で

少し“タメ”を作ります。

 

この“タメ”がのスピードを上げてくれて、結果アクセントがつきます!!

 

闇雲に大きなを出すのではなくて、

この“タメ”を作ることを意識してください!!

今日は誰でもできるの“アクセント”の付け方を解説しました。

 

またわからないところがあればいつでもお気軽にお問い合わせください!

 

また大阪の【楽しすぎるボーカル教室】Lillaミュージックでは無料体験レッスンも実施しています!!

 

ぜひ一度Lillaミュージックの楽しすぎるボイストレーニングを受けにきてください。

Access

複数の駅からアクセス可能な通いやすさ抜群のLillàミュージックスクール

概要

店舗名 Lillàミュージックスクール
住所 大阪府大阪市中央区博労町4丁目7-7 南船場チェルシー6階
電話番号 090-3621-1397
営業時間 12:00 - 23:00
定休日 年中無休
最寄り 心斎橋駅より徒歩約5分

アクセス

Lillaミュージックスクールは心斎橋駅、本町駅、四ツ橋駅に囲まれた通いやすい場所に校舎があります。3つの駅から徒歩約5〜6分のアクセス抜群の位置にあります。仕事帰りや友人との約束のついでにお立ち寄りしやすい場所です。無料体験も大歓迎ですのでいつでもお待ちしています。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事