DICTIONARY
用語集
DICTIONARY

用語集

倍音

楽器を出したときに、その以外のも実はなっています。

 

例としてピアノで「ド」のを鳴らしたとします。

もちろん「ドー」と聞こえますが、

実は「ド」のに、「ド」以外のも含まれています。


これはどういうことかというと、「ド」のを鳴らした際、

「ド」のの1/2、1/3、1/4、1/5・・・の

「ド」のに含まれています。

 

この1/2、1/3、1/4、1/5・・・ののことを倍音と呼びます。


そしてその1/2、3/1、1/4、1/5のとはピアノで言うと↓

1/2の:1オクターブ高いド

1/3の:ソ

1/4の:2オクターブ高いド

1/5の:ミ

 

この倍音が、どのように含まれているかによって、色や色は大きく異なります。
この倍音の含まれ方(倍音構成)は、楽器毎や、人の体、骨格のによっても変わってきます。

そのため同じメロディーを違う人がったとしても、倍音構造は全く違うものになります。