Abdominal

うとき『腹筋』は必要か!?

が上手くなるために、腹筋を鍛えなさい。」

「腹筋を鍛えると量が上がります」

などと言う教えをよく聞きます。

 

はたまた

「腹筋があるとが固くなってしまう」

「腹筋は関係ない」

などと言う教えも聞きます。

 

はたして何が正解なのでしょうか。

その答えを500人以上の生徒を変えてきたボイストレーナーの僕が解説します。

“腹筋”と一括りに言ってもたくさんの筋肉がある

結論から言いますと、腹筋は呼吸筋の支えとなる筋肉です。

腹筋の意味があるなしに関しては、補助的に支えとなってくれる筋肉もある。

と言うくらいに頭に入れておいてください。

 

 

“腹筋”にもたくさん種類があります。

その中でも必要な筋肉、必要ではない筋肉があります。

 

その【必要な筋肉】を見つけるために、まずは呼吸についておさらいしましょう。

abdominalmuscles

Breathing

腹式呼吸とは

まず腹式呼吸とは、

図の【横隔膜】を下に下げることにより、肺の容積が膨らみ、結果内圧となり肺に空気が入ってきます。

この横隔膜の下には内臓などがあるので、その内臓たちが下に押し潰される形になるので結果お腹が膨らみます。

 

この“お腹が膨らむ”ことを腹式呼吸と呼ぶので間違われ安いのですが、実際お腹の表面の筋肉(腹直筋や腹斜筋)の働きで吸気しているわけではありません。“吸気”に関しては【腹筋】は必要ではないことがわかります。

 

ですので

お腹に力を入れて息を吸うのだけはやめてください。

abdominalbreathing

胸式呼吸とは

それでは胸式呼吸とはどんな呼吸なのでしょう。

それは

図の【外肋間筋】の働きにより、肋骨と肋骨の間が広がり、胸郭が開いていきます。

 

その結果肺の容積が広がり、内圧になり空気が入ってきます。

 

そして内肋間筋、最内肋間筋の働きで元の戻り呼気していきます。

muscles

支えのあるとは

それでは【支えのある】とはどんななのでしょうか。

 

それは息をしっかり吐くことが大切なのではなく、肺と帯までの圧力を高めたまま出たのことです。

 

わかりやすく【紙風船を想像してください】この紙風船を“肺”だと思って、

要は、『紙風船がパンパンの状態を保ったままを出していく』これが支えとなり、しっかりと支えられた

大きくも優しくも自由自在にコントロールできるとなるのです。

 

腹筋はこの【圧力】を保つためのもの

さあ今回のまとめに入りましょう。

 

そう!腹筋はこの【紙風船】が萎んでいかないように支えていくために使うものなんです。

 

ですので腹筋で無理やり息を吐いたりするのは間違いです。

 

正しくは、肺が萎んでしまわないように、とどまる“静的”な腹筋が必要となってきます。

 

腹筋を鍛える際には、

瞬発系の“動的”な腹筋を鍛えるのではなく、

支えとなる“静的”な腹筋を鍛えていきましょう。

Access

複数の駅からアクセス可能な通いやすさ抜群のLillàミュージックスクール

概要

店舗名 Lillàミュージックスクール
住所 大阪府大阪市中央区博労町4丁目7-7 南船場チェルシー6階
電話番号 090-3621-1397
営業時間 12:00 - 23:00
定休日 年中無休
最寄り 心斎橋駅より徒歩約5分

アクセス

Lillaミュージックスクールは心斎橋駅、本町駅、四ツ橋駅に囲まれた通いやすい場所に校舎があります。3つの駅から徒歩約5〜6分のアクセス抜群の位置にあります。仕事帰りや友人との約束のついでにお立ち寄りしやすい場所です。無料体験も大歓迎ですのでいつでもお待ちしています。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事