Resonance

ってる時の“響き”ってどうしたらいいの?

よく、ボイストレーニングの動画や本で「体中にを響かせて」や、「鼻腔に共鳴させて」などたくさん“響き”に関する記事をみなさんも目にしたことはあると思います。

「〜にを当てて」など抽象的な言葉ばかりで、なんだかわからない。とお思いの方も多いと思います。

 

そこで今回はそのにおける“響き”や“共鳴”についてお話しします。

が響いていく仕組み

想像してください。例えばアコースティックギターを鳴らします。

まず弦を指やピックで弾くと、その振動がギターの本体の空洞に響いて豊かな響きとなって飛んでいきます。

 

このようなの飛んでいき方は人のにも当てはまります。

 

まず肺から送られた空気が【帯】を振動させます。

 

その振動が人の体や骨に振動してになり、口の中(口腔)や鼻の中(鼻腔)や胸の空間(胸腔)でそのが大きく膨らんで飛んでいきます。

 

これを私たちは“”と呼んでいます。

理想的な響きとは

それでは、どんな風に響くと綺麗なになっていくのでしょうか。

 

 

それは、

 

響きやすい体を作ることが大切です。

 

???と思われた方、安心してください。

そんなに難しいことではありません。

 

まず身体中の骨や筋肉そして皮膚などが振動しやすくするために、まずはリラックスした状態を作ります!

どこにを当てるなどを考える前に、

そうやってリラックスして身体中にを振動させることが大切です!!

喉を開いてが響きやすくする

そうやってリラックスしたを出せたら、

 

まずは咽頭腔に広いスペースを作りそこででを膨らませてください。

咽頭とは口の奥、ちょうどエラ辺りの空間です。

みなさんが『喉』と呼んでるのはここの事です。

 

口の奥に『茹で卵』を加えた感じで空間を作り、そこでを膨らませていきます。

そうすると喉のところでがモワモワっと広がっていきませんか。

これがまずの響きの『元』となります。

 

ですのでボイストレーナが口を揃えて「喉を開きなさい」というんですね。

咽頭腔でできたの響きの元を口腔、鼻腔、胸腔に響かせる

これは一つずついきましょう。

 

まず上記の咽頭を開いて、が響く【元】を作ったら、

 

まずは胸の空間で響かせてみてください。

鎖骨辺りに手を置き、そこの振動を感じながら、暖かいで【あ】と発してみましょう。

 

どうですか?

暖かい、少し男性的な力強いになりませんか。

 

部、特に女性の方なんかは低が薄くなりがちですので、この響きの練習をしっかりしていきましょう。

 

 

その感じで口の中、鼻の中でを膨らませていきます。

 

そうやってその個々の響きの【個性】を知ってください。

それではどの響きが正しい響きなのでしょうか。

 

それは、

咽頭腔、口腔、鼻腔、胸腔の全ての響きが混ざり合わさった時初めて豊かで綺麗な響きのが出ます。

 

そして、そのいたい曲、出したいによってその割合を変えていく。

これが理想のの響かせ方です。

 

その手助けをするために「〜にを当てて」などの表現があるだけです。

 

さらにいうと、口の形や鼻の形、骨格などおんなじ“楽器”を持っている人は誰1人他にいません。

 

なのでその【を当てる位置】に関しては、人によって違い、自分で見つけていくしかないのです。

 

 

もちろんLillaミュージックではそのあなたに合った響かせ方、の当てる位置などアドバイスをさせていただきます。

 

この今日やった響きの確認をするだけでも構いませんので、ぜひ一度無料体験レッスンにお越しください。

Access

複数の駅からアクセス可能な通いやすさ抜群のLillàミュージックスクール

概要

店舗名 Lillàミュージックスクール
住所 大阪府大阪市中央区博労町4丁目7-7 南船場チェルシー6階
電話番号 090-3621-1397
営業時間 12:00 - 23:00
定休日 年中無休
最寄り 心斎橋駅より徒歩約5分

アクセス

Lillaミュージックスクールは心斎橋駅、本町駅、四ツ橋駅に囲まれた通いやすい場所に校舎があります。3つの駅から徒歩約5〜6分のアクセス抜群の位置にあります。仕事帰りや友人との約束のついでにお立ち寄りしやすい場所です。無料体験も大歓迎ですのでいつでもお待ちしています。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事