Rhythm

歌い方ブログ!リズムの取り方について!!

大阪のLillaミュージックスクールの歌い方ブログ第2段!としまして、今日はリズムの取り方を説明して行きたいと思います!

 

リズムが走ってしまったり、もたついてしまったりしてしまう人。

このブログが少しでも皆様のをよくなっていく手助けができたらなと思っています。

リズムが取れないその理由

突然ですが、あなたは今野球の試合でバッターボックスに立っています。

 

ボールが飛んできて打つ仕草を頭の中に浮かべてください!

 

 

ピッチャーが振りかぶったら、あなたはまず“バックスイング”をとりましたよね。

 

このバックスイングがないとボールは遠くに飛ばないですし、タイミングも取りづらいです。

 

 

そう!のタイミングがとりづらいのもこのせいなんです。

 

う時も、ただただタイミングを合わせてを出すのではなく、

 

しっかり準備をして、前の拍の裏拍をしっかりとっていくことが重要になってきます。

日本人と外人の違い

リズムの取り方がまるで違う

あの外国シンガーさんはなんであんなにリズム感よく、気持ちよさそうにを自由に扱うんだろう。と疑問に思ったことはありませんか。

 

実は日本人と外人さんではリズムの取り方が違うのです。

 

とは言っても決して日本人が悪いと言ってるんじゃないんです。

例えば飲み会終わりの“一本締め”

これは日本人にしかできないです!!!

 

みんなが突拍子なく、裏拍なくパチンとタイミングを合わせる。これは日本人にしかできないです。

 

そう、表拍をしっかりタイミングよく合わせる!ことに関しては日本人は他の国の人たちより優れています。

 

しかし、現代のポップスはそうは行きません。

ジャズやヒップホップやR&Bなどの要素が複雑に合わさった現代ポップスでは、そのタイミングを合わせるのは難しく、常にリズムが流れていて“リズムがうねって”います。

 

このうねりがグルーブと呼ばれるものなのですが、これにしっかりタイミングよく点を合わせるのはプロでも不可能に近いことなんです。

 

そのリズムの波に乗っていく

 

れが大事になってきます。

 

 

それでは外人さんはどうリズムをとっているのでしょうか。

 

冒頭の野球のバッターの説明にもあったように【裏拍】を感じているんです!!

 

 

【腕立て伏せの掛けが逆!?】

みなさん今度は腕立て伏せをしてるところを想像してください。実際にしてもいいです(笑)

 

『いち』の掛けで伸びてた腕を曲げて沈んで行かなかったでしょうか。

 

外国では『One』で腕を伸ばします。

 

ですので

『& One & Two & Three...』

となるのです

日本人の

『1 と 2 と 3 と』

の逆になってるんです!

外国ではまず裏拍が前になっています

 

この方法で腕立て伏せをすると、なぜかリズミカルにできます(筋肉にいいかは置いておいて笑)

 

これを踏まえて冒頭の野球のバッターボックスの話に戻りましょう!

 

い出す前

まずは裏拍でしっかりタイミングをとって、そこから勢いをつけて表拍に向かってを飛ばして行きます。

 

この時少しを【点】で捉えるのではなく、流れ続けている【円】で捉えるといいと思います。

 

 

この方法で楽を聴いたり、ったりしていくと必ずリズム感はよくなります

 

 

Access

複数の駅からアクセス可能な通いやすさ抜群のLillàミュージックスクール

概要

店舗名 Lillàミュージックスクール
住所 大阪府大阪市中央区博労町4丁目7-7 南船場チェルシー6階
電話番号 090-3621-1397
営業時間 12:00 - 23:00
定休日 年中無休
最寄り 心斎橋駅より徒歩約5分

アクセス

Lillaミュージックスクールは心斎橋駅、本町駅、四ツ橋駅に囲まれた通いやすい場所に校舎があります。3つの駅から徒歩約5〜6分のアクセス抜群の位置にあります。仕事帰りや友人との約束のついでにお立ち寄りしやすい場所です。無料体験も大歓迎ですのでいつでもお待ちしています。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事