Hightone

高い声が出ない原因ランキング!!

ボイストレーニングを受けにくる生徒さんの悩みで一番多いのが『高い声が出ない』です!

人によって

高い声が全く出なかったり

高い声が弱くなってしまったり

高い声を張り上げてしまってすぐ疲れたり

症状は様々ですが、その原因を知ることで少しでも皆様が高い声を出しやすくなって、

もっともっとうことが好きになってほしいと思い

このページを書きました!!

 

みなさんの役に立ちますように。

第1位

息が多い

本当に一番この人が多いです!!

みなさんの中にも『高い声を出すためには息をたくさん吐いて、、、』

と考えてる人もいると思いますが、

それは逆効果になるんです!!

 

高いになればなるほど【帯は薄く細く】なります。

質量が軽くなった帯にたくさんのいきは入りますか??

 

 

たくさん息を吐くことで逆に重たくなり、高い声は出にくくなっていきます。

 

また高い声の出し方はこちら

 

 

まずはの高低に息の量は関係ない。

 

これを覚えましょう!!

第2位

【輪状甲状筋】が動いていない

この【輪状甲状筋】とは喉仏を下に倒す筋肉です。

 

高い声は大まかに言うと

この輪状甲状筋を使って、喉仏を倒し、その喉仏に縦方向についている【帯】を下に引っ張ることで質量を軽くし、出ています。

 

その輪状甲状筋が使えていない人が多いです!!

 

 

ではこの筋肉を使うためにするにはどうするのか。

 

 

それは

をたくさん使う練習をします

 

この【輪状甲状筋】は、裏を出すときに主役になって働く筋肉ですので、まずは裏を出す機会を増やす。

 

そうすることで眠っていたこの筋肉が働き出し、

高い声を出すときにもスコーンと高い声が出ます!!

 

 

まずは裏を使う機会を増やしましょう!!

第3位

響きが重たすぎる

基本的に高い声と低いの響かせ方は違います。

 

低いの響きのまま高い声を出そうとすると重たすぎて、が上がらなかったりします。

 

逆に高い声の響きのまま低いを出すと、子供っぽく聴こえたりします。

 

逆にこのアンバランスな響きを利用してカッコよく高音や低を出す方法もありますが、今は置いておきましょう。

 

 

大まかに言って、

低いの響きは下です。胸あたりの響きを使うと、豊かに暖かい色が出ます。

 

そして高い声の響きは上です。

鼻腔あたりの響きを借りると、力強い鋭い高音が出たりします。

 

そのように、響きを変えることを意識しましょう!!

 

 

ランキング形式で高い声が出ない原因を説明しましたが、

人によって原因はバラバラです!!

 

 

他の人には効果が抜群の練習でも、あなたには逆効果であることもザラにあります。

 

一番いい方法はだれか専門家に見てもらうことです。

 

 

よければLillaミュージックでも無料体験レッスンも行っていますので、原因だけでも聞きにきませんか。

 

冷やかしも大歓迎です!!笑

 

 

皆様が笑顔でもっと楽が好きになってもらえますように、願っています。

Access

複数の駅からアクセス可能な通いやすさ抜群のLillàミュージックスクール

概要

店舗名 Lillàミュージックスクール
住所 大阪府大阪市中央区博労町4丁目7-7 南船場チェルシー6階
電話番号 090-3621-1397
営業時間 12:00 - 23:00
定休日 年中無休
最寄り 心斎橋駅より徒歩約5分

アクセス

Lillaミュージックスクールは心斎橋駅、本町駅、四ツ橋駅に囲まれた通いやすい場所に校舎があります。3つの駅から徒歩約5〜6分のアクセス抜群の位置にあります。仕事帰りや友人との約束のついでにお立ち寄りしやすい場所です。無料体験も大歓迎ですのでいつでもお待ちしています。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事