High-tone Voice

高い声の出し方!正しい高い声の出し方とは

あなたは正しい出し方で高い声を出していますか?

高い声が苦しくなったり、曲の最後までえなかったり、一曲い終わったら喉がガラガラになったりしていないでしょうか。

 

正しい高い声の出し方を手に入れると、

上記の「しんどくなって最後までえない」ということは無くなりますし、一曲った後に喉がガラガラなんてことは決して無くなります!

 

そして気持ちよくえるようになるので、今よりももっともっとが好きになって、たくさんの人が楽で笑顔になる世の中が来ればいいなと思っています。

“間違った”高い声の出し方とは

ではまず【間違った高い声の出し方】とは一体どんな物なのでしょうか。

 

あなたもこういった形で高い声出していませんか?

 

 

①息の勢いで無理やり出す

 

この方法で高い声を出している人がすごく多いのですが、実は息の量が増えたところでの皇帝は変わらないんです。

出しているつもりになっているだけです。

 

ですのでまずは高い声も低いも息の量は一定。と覚えておいてください。

 

 

②喉に力を入れて、無理やり帯を細くする

 

この方法で出してる人も多いです。

 

この方法で出してしまうと、喉を痛める原因になったり、さらにピッチ(の正しい高低)も狂ってきますのでやめましょう。

それでは正しい高い声の出し方とは

どうするのでしょうか

それは

 

高い声になるにつれて

 

喉仏を下に倒していきます!!

 

 

喉仏が下に倒れることによって、

 

喉仏にくっついている帯が下前に引っ張られていくので、帯が薄く軽くなり、高い声が出ます!!

 

これが正しい出し方なのです。

 

が、喉仏を意識して下に倒すことができる人は、ほぼほぼいないと思います。

 

ですのでそれを体に覚えさせていくこといが大事になってきます。

 

そのために喉仏を下に倒すための筋肉を鍛えて自由自在に動くようにしていく練習が必要になってきます。

 

 

その筋肉を鍛える一番有効的な練習が

 

純粋な裏を出す練習です

 

をたくさん出す練習をしていくことでこの筋肉輪状甲状筋等)が鍛えられて

 

自ずと地高い声を出すときにも自然に喉仏が倒れてくれるようになります。

 

 

ですので高い声を出すときに

もし間違った出し方①②をしてしまうようなら

 

まずは曲の高いで出して

 

慣れてきたら徐々に地を混ぜていくようにしてみてください!!

 

 

初めはか弱く、小さくなってしまうかもしれませんが、

 

慣れてきたら、必ず今より大きな力強い高音が出せるようになります!!

 

 

高い声を出したい人もまずは裏の練習を!!

とは言っても私は地高い声が出したいんじゃい!!

とおっしゃる方、

 

焦らないでください!!

 

 

先ほども述べた通り、裏を出すときに使う筋肉は「喉仏を倒す筋肉」いわゆる程を作る筋肉です!!

 

 

一言で言いますと

を出す練習をしていくうちに地でも高い声が出やすくなって、ピッチ(程)も安定します!!

 

練習だと思って、どんな簡単な曲でもいいので裏を出す機会を増やしてください!!

 

必ず!!高い声は出やすくなります!!

 

焦らず、楽しく!!

練習してみてください!!

誰でも高い声は伸びていく

その人に合わせたレッスン

長年ボイストレーナーとしてたくさんの生徒を教えてきた経験から、必ず誰でも高い声は力強く、楽に出すことができるようになります!!

 

その高い声が出にくい原因は人それぞれ。

Lillaミュージックでは一人一人に合わせた、最短の方法であなたの高音開発をサポートさせていただきます。

Access

複数の駅からアクセス可能な通いやすさ抜群のLillàミュージックスクール

概要

店舗名 Lillàミュージックスクール
住所 大阪府大阪市中央区博労町4丁目7-7 南船場チェルシー6階
電話番号 090-3621-1397
営業時間 12:00 - 23:00
定休日 年中無休
最寄り 心斎橋駅より徒歩約5分

アクセス

Lillaミュージックスクールは心斎橋駅、本町駅、四ツ橋駅に囲まれた通いやすい場所に校舎があります。3つの駅から徒歩約5〜6分のアクセス抜群の位置にあります。仕事帰りや友人との約束のついでにお立ち寄りしやすい場所です。無料体験も大歓迎ですのでいつでもお待ちしています。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事