白日

King Gnuさんの白日の歌い方

今なお名曲と語り継がれるKing Gnuさんの人気曲『白日』は男性女性問わず「いたい」とおっしゃる生徒さんが多いので歌い方を解説したいと思います!

 

と言いますのもこの曲、を上達させるために必要な要素コツが詰まっているんです!

井口理さんのいかたは、簡単にってるように見えてめちゃくちゃ高度なことをさらっとやってるんです。

 

そりゃ人気出ますよね。

そんなKing Gnuさんの白日をかっこよくうためのコツと、が上手くなルための練習方法を書きます。

色を自由自在に使いこなして曲に抑揚

まず初めの『ときには 誰かを、、、』のところを聞いてください。

この冒頭の部分で井口理さんは【ウィスパーボイスと呼ばれる】息を“わざと”多めに使いながらっています。

 

それがサビになるとそれとは真逆の力強い大きなかっこいいでこの曲を聴かせています!

 

 

この冒頭の

“ウィスパーボイスの高音

これがめちゃくちゃ難しいんです!!

 

それを解説します!!

このウィスパーボイスをただただ優しくってるのではなくて井口理さんは【優しいながらも感情のこもった訴えかけるような】でっています。

 

一体このはどうやったら出せるのでしょうか。

 

その答えが画像をみてください!

 

まず“しっかりとした身の詰まった”を作ります。

 

そのの周りを息でコーティングしてやる。

 

このイメージでを出します。

 

 

練習としまして、まずは力強いで冒頭をってみましょう。

 

その感覚を覚えたら今度はそのの周りを息でコーティングするように、息を上手に扱ってってみてください。

 

するとこの白日の井口理さんのようなウィスパーなが出せるようになります。

Whispervoice

Aメロサビの【ハネ】のリズムについて

この白日、人気曲ゆえ、たくさんの方が動画や解説で歌い方を語ってくれているのですが、

みんな『ハネ』という言葉を使っているのですが、

 

確かになんかぴょんぴょんハネるようにリズムが聞こえるのですが、

一体どういうことやねんと思った方、それを解説させていただきます!

ハネ=三連符の中抜け

ハネを理解するためには、まず三連符を思い浮かべてください。

 

タタタ タタタ

 

なるはずです。

その【タタタ】の真ん中を抜いて、伸ばしたり切ったりしてみましょう。

 

タータ タッタ

 

となるはずです!

そう!!これがハネリズムなんです!

この曲が基本として16ビートでできていますので、このタータが一拍に二つ入ります。

 

タータタータ

 

となります!

 

これがハネリズムの正体!!

正確にはハーフタイムシャッフルと呼ばれるリズムなんです!

この【ハネリズムに気持ちよく乗っていく】

 

 

これがコツその②でございます!

note

リズムにはダウンビート(日本語で言うと表拍)と

アップビート(日本語で言うと裏拍)があります。

 

みなさんも曲を聴きながらビートに合わせて膝の曲げ伸ばしをしてみてください。

 

そのアップ伸ばすときにリズムの核を持ってきて欲しいんです

 

なれてくると、リズムが流動的なのがわかってくると思います。

そのリズムの流れ(波)に乗ってって欲しいのです。

 

 

アップビートリズムをとっていくのです!

このようにKing Gnuさんの白日にはたくさんのが上手くなるためのポイント、技が隠れています。

 

井口理さんの歌い方をよく聴いて、何度も練習して、もうワンランク上の歌い方をマスターしてください。

 

またいろんな人気曲の歌い方ボイトレ解説などを書いていこうと思いますので、お楽しみに!

Access

複数の駅からアクセス可能な通いやすさ抜群のLillàミュージックスクール

概要

店舗名 Lillàミュージックスクール
住所 大阪府大阪市中央区博労町4丁目7-7 南船場チェルシー6階
電話番号 090-3621-1397
営業時間 12:00 - 23:00
定休日 年中無休
最寄り 心斎橋駅より徒歩約5分

アクセス

Lillaミュージックスクールは心斎橋駅、本町駅、四ツ橋駅に囲まれた通いやすい場所に校舎があります。3つの駅から徒歩約5〜6分のアクセス抜群の位置にあります。仕事帰りや友人との約束のついでにお立ち寄りしやすい場所です。無料体験も大歓迎ですのでいつでもお待ちしています。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事