Interval

程が合わない人必見!!程がビシッと当たる秘訣を伝授します!

カラオケの採点ゲームなどでなかなか程が合わないなと感じてる方。

っていて、なんとなくが取れてないなと感じてる方。

一体何が足りないのでしょうか。

 

う上での必須条件である【程の取り方】を伝授します!!

程が合わない理由はこれだった

を出しながら程を合わせにいってませんか?

程が取れてない人のほとんどは

がイメージできてない】ことがほとんどです。

 

どういうことなのかと言いますと、ほとんどの人はアーティストの源を聴きながら家で自分もを出しての練習をしたりしてると思います!

 

その練習のしすぎで!!

をイメージする能力が低い人が多いです!!

 

を出す前に自分の出したいをイメージする。

この能力が欠けている人が多いんです。

 

安心してください

その解決法と練習法を紹介しますので、皆さんも明日から程をバッチリ合わせることができるようになると思います!

 

練習方法

でしっかり頭の中でメロディーを流す練習

練習方法としまして、

のところにいきましょう!

テレビやオーディオがなっているのなら消してください。

 

そしていたい曲のメロディーを頭の中で流します。

 

その時しっかりと頭の中でイメージできなければ

もう一度しっかり聴きましょう!!

 

そして頭の中でしっかりメロディーが流れるようになって初めてい始めます!!

 

そうすることで格段に程はよくなります。

現代は便利になりすぎた

ガイドメロディーに頼りすぎの危険

家でもアプリひとつでカラオケができてしまう時代。

“カラオケのガイドメロディー”に頼りすぎてませんか。

 

なるべくガイドメロディーは流さないことをお勧めします。

そうすることで周りの楽器、自分のに耳がいくからです。

 

程が合わない人は

頭の中でしっかりを鳴らす練習をしてみてください!!

程を作る筋肉は“裏筋肉

では、程を作るときの喉はどうなっているのでしょうか。

 

よく閉鎖筋群(地筋肉)で高いを無理やり喉を締めて(無駄な力を入れて)出している人を見かけますが、こうなってしまうと程が取りにくくなるばかりか、喉を痛めてしまう危険性があります。

 

程は

喉仏の上げ下げで作っていくものです。

喉仏が下に下がることによって喉仏にくっついている帯”が斜め下に引っ張られていきます。

ギターを想像して貰えばわかりやすいのですが、

ギターは張れば張るほど高いが出ます。

それと同様に帯も引っ張られて張れば張るほど高い声が出て、程が作られていきます。

 

この喉仏を下に倒す筋肉【輪状甲状筋】はまさしく筋肉です。

 

特に高音程を安定させたいのであれば、

まずは裏で正確に程を取れるようになりましょう。

 

で安定して程が取れるようになってから

少しずつ地の支えを足していき、を厚くしていきます。

 

これが正しい程の取り方です!

程の取り方について説明しましたが理解できたでしょうか。

 

もしわからなければいつでもお問い合わせください。

 

また、無料体験レッスンも実施中ですので、ぜひ一度Lillaミュージックにも遊びに来てください!

体験だけのお問い合わせ、質問だけのお問い合わせも大歓迎ですので、お気軽にお問い合わせください!

 

いつでもお待ちしています

Access

複数の駅からアクセス可能な通いやすさ抜群のLillàミュージックスクール

概要

店舗名 Lillàミュージックスクール
住所 大阪府大阪市中央区博労町4丁目7-7 南船場チェルシー6階
電話番号 090-3621-1397
営業時間 12:00 - 23:00
定休日 年中無休
最寄り 心斎橋駅より徒歩約5分

アクセス

Lillaミュージックスクールは心斎橋駅、本町駅、四ツ橋駅に囲まれた通いやすい場所に校舎があります。3つの駅から徒歩約5〜6分のアクセス抜群の位置にあります。仕事帰りや友人との約束のついでにお立ち寄りしやすい場所です。無料体験も大歓迎ですのでいつでもお待ちしています。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事