Voice

“喉を開く”の本当の意味とは!?

よくボイストレーニングの動画や本で“喉を開きなさい”というのを耳にします。

でもこの言葉、実は結構奥が深いんです!

 

喉は開かないといけないのですが、

帯”はしっかりと閉じてないと、まずにならず、無駄な息が流れてしまします。

 

この矛盾について話していきたいと思います。

まず“帯”とは

左の絵をみてくださいこの二枚のヒダが帯です。この帯をしっかり振動させることによってになっています。

 

ですのでこの二枚の帯と帯の間に隙間が空いていると、上手く息が帯を震えさせることができず、息ばっかりの弱いになってしまいます。

 

ですので帯はしっかり閉じましょう。

 

vocalcords

帯ってどこについてるの?

それでは帯はどこについてるのでしょうか。

 

左の絵をみてください。

女性の方はわかりにくいかもしれませんが、帯は喉仏のところに縦方向についています。

 

肺から空気が運ばれてきたときの、息を吐く空気の量をここで調節してくれています。

 

 

 

vocalcords

では“喉”とは

それではボイストレーニングや発練習でいう“喉”とはどこのことを指すのでしょうか。

 

それは左のずの【咽頭腔】のことを一般に“喉”と言います。

 

この喉を開く(空間を開ける)ことによって、が響きやすくなるため、がよく響くようになり、結果が出しやすくなります。

 

ですのでを出す時は「喉を開きなさい」とよく言われるのです。

throat

喉は開いて帯を閉じる

もうおわかりですね。

 

を出す時は、

 

なるべく

帯はしっかり閉じて喉を開く

 

ことが大切です。

 

その喉をしっかり開くためにも

まずは力が入らないようにすること。

これが大切になってきます。

 

 

ブレスの練習でしっかり“支え”を作って帯を閉じ、その上でリラックスした喉を開いた

 

 

これが重要になってきます。

Access

複数の駅からアクセス可能な通いやすさ抜群のLillàミュージックスクール

概要

店舗名 Lillàミュージックスクール
住所 大阪府大阪市中央区博労町4丁目7-7 南船場チェルシー6階
電話番号 090-3621-1397
営業時間 12:00 - 23:00
定休日 年中無休
最寄り 心斎橋駅より徒歩約5分

アクセス

Lillaミュージックスクールは心斎橋駅、本町駅、四ツ橋駅に囲まれた通いやすい場所に校舎があります。3つの駅から徒歩約5〜6分のアクセス抜群の位置にあります。仕事帰りや友人との約束のついでにお立ち寄りしやすい場所です。無料体験も大歓迎ですのでいつでもお待ちしています。
Contact

お問い合わせ