Breathing

その腹式呼吸、間違っていませんか?

みなさんは【腹式呼吸】の本当の意味を知っていますか。

 

体験レッスンに来られる生徒さんでよく『腹式呼吸でえてるかわからない』とよく相談されるのですが、

そもそも『腹式呼吸でう』とはどうすることなのか、考えたことがありますか?

 

そもそもの意味を分からず

『腹式呼吸でえば高い声が出る』とか

『腹式呼吸でえば喉が枯れない』という考えが危険すぎる!!

と思いましたのでここに腹式呼吸の間違いと、本当の腹式呼吸での歌い方を書いておきます!!

腹式呼吸の間違い!

①実際にお腹に空気が入っているわけではない

実際に空気が入る場所。

 

それは紛れもなく【肺】です。

 

腹式呼吸とは肺の下にある筋肉の【横隔膜】という部分が下がり、その結果内臓が下に下に押しつぶされていくのでお腹が膨らんで行きます。

う時は完全な腹式呼吸になってるわけではなく、胸式呼吸も使われている

腹式呼吸だけで呼吸するのは人間は不可能です。

実際横隔膜の動き(腹式呼吸)と肋間筋による肋骨の開き(胸式呼吸)が組み合わさって呼吸が行われています。

 

もし仮に腹式呼吸だけで呼吸ができたとしても、吸える空気はめちゃくちゃ少ないと思います。

 

 

正しい呼吸法として

1、腹式呼吸で横隔膜を下に下げて

2、胸式呼吸で肋骨を開く

 

この順番で空気を取り込んでいくのが理想的な呼吸法です。

③腹式呼吸と“高い声を出す”は全くの別物

高い声を息の勢いで出そうとするのは間違いです!!

喉を枯らす一番危険な行為なんです。

 

高い声とは帯の伸縮によって出していくものですので、この腹式呼吸ができたら高い声が出るようになる。というのは間違いです。

④腹式呼吸ができるようになると、が早く動かせてフェイクが上手くなる。は間違い

を早く動かそうと思った時に主役となって使われる筋肉は【肋間筋】です。

 

考え方として

横隔膜の支え(腹式呼吸)での支えを作って、

肋間筋(胸式呼吸)で早いのフレーズを作る

 

この考えが正しいです。

ではではどう使うのか

それでは腹式呼吸は必要ないのか。

と言われますと、

そんなことはないです!

 

まず腹式呼吸の感覚をつかまないと『横隔膜の支え』が得られないので、安定したや、大きなが出しにくくなります

 

 

まずは腹式呼吸を体に覚えさせて【の支えを】作っていく。

 

そして肋間筋の動きや他の筋肉の働きでの動きを作っていく。

これが正しい腹式呼吸の使い方です。

Access

複数の駅からアクセス可能な通いやすさ抜群のLillàミュージックスクール

概要

店舗名 Lillàミュージックスクール
住所 大阪府大阪市中央区博労町4丁目7-7 南船場チェルシー6階
電話番号 090-3621-1397
営業時間 12:00 - 23:00
定休日 年中無休
最寄り 心斎橋駅より徒歩約5分

アクセス

Lillaミュージックスクールは心斎橋駅、本町駅、四ツ橋駅に囲まれた通いやすい場所に校舎があります。3つの駅から徒歩約5〜6分のアクセス抜群の位置にあります。仕事帰りや友人との約束のついでにお立ち寄りしやすい場所です。無料体験も大歓迎ですのでいつでもお待ちしています。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事